Archive for June 2006

19 June

著作権料って何なんですか?



以下、It Pro 武部 健一=日経コミュニケーションのコラム記事より引用です。

Winnyのネットワークがついに崩壊するかもしれない。
米eEye Digital Securityの鵜飼裕司氏らが開発した「Winnyネットワーク可視化システム」(以下,可視化システム)が近く動き出すからだ(関連記事「米eEye,「Winnyネットワーク可視化システム」を無償で公開」)。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本国際映画著作権協会(JIMCA)が同システムの導入をほぼ決めている。鵜飼氏によれば,他の著作権管理団体も導入を検討中だという。

                   以下途中略

しかし,WinnyネットワークをつぶすことがWinnyにまつわる諸問題――著作権侵害や暴露ウイルスによる情報漏えい,セキュリティ・ホールの存在――の本質的な解決になるのだろうか。
結局「いたちごっこ」ではないのか
Winnyが使えなくなれば他のファイル交換ソフトへの移行が進むだけだ。早くも“ポストWinny”として「Share」がユーザー数を増やしている。Winny自体,「WinMX」の後継として登場しているので,ユーザーはファイル交換ソフトの“乗り換え”を経験済みだ。WinMXからWinnyへユーザーが移行したように,WinnyからShareへの移行が進むだろう。

                   以下略


ーーーーーーーーーーーーーーーー


確かに武部さんのおっしゃる通りで、Winny を潰した所で次々と別物が現れてイタチゴッコでしょうね。
この種の話題に遭遇する度に思うんですが
そもそも著作権料って何なんでしょうか?


例えば、自分が買ったCDはちゃんと著作権料を払って自分の所有物になった訳ですが、その自分の所有物をどう処分しようが自分の勝手と「直感的」に感じるのは間違いなんですかね?同じ商品なのに車や服や建築物などには「著作権料」は無くて、「音楽」や「著作物」にだけ神から与えられた当然の権利の如く「著作権」が認められるんでしょうか?音楽や著作物は「高尚」な物で、車や服などは下等な「消費物」だからって事でしょうか?どうも納得いきません。
この辺の疑問を解いてくれない限り「ファイル交換ソフト」問題はいくら「潰し」を掛けても新手が現れて解決しないと思います。「著作権法で保護」されていると云っても「保護されている当事者以外」は誰も納得してないから「違法配布・交換」は無くならないのではと思います。現在の「著作権料」の主張は少し傲慢過ぎますね。
17:01:40 | sonson | No comments | TrackBacks