Archive for July 2005

13 July

テロの背景

富める国と貧しい国との非対称性がある・・・・

なんて尤もらしい解説をして悦に入ってる学者がいる。こんな御託(誤託)を並べる事は犯罪擁護や犯罪加担となんら変わらない。貧しかろうと豊であろうと「犯罪行為」は許してはならない。犯罪の背景解説なんぞはその犯罪を解決してから詳細に分析してやればよろしい。進行中の「大量無差別殺人」に「言い訳の材料」など提供するんじゃないよ。犠牲者の立場を考えて見ろ。アホ文化人の醜い自己満足にすぎないぞ。

こんな連中は、従来の国と国との戦争の延長線上にテロ犯罪集団を置いて考える錯覚に陥ってないか?奴らは単なる「ゴロツキ」だよ。奴らに政治的意味を与える事はナンセンスだ。彼らを政治的や経済的(武器の売却)に利用している連中(国、団体)はいるけどな。これだけ悪質な「犯罪」には「盗人にも一分の理」って訳には行かない。

リベラリストと称する連中は古くさい「唯物主観」の錯覚に未だ支配されて抜け出せないんだね。


06:06:43 | sonson | No comments | TrackBacks

09 July

森永 卓郎・・・

昨日のニッポン放送のラジオを聞いてたら、今回のロンドンの爆破テロに関連して、英国在住の日本人に電話で状況をインタビューしていたが、その方が「・・・英国人は非常に冷静に対応してる・・・このようなテロを激しく憎む・・・」と云った様な当然のテロを批難する話をしていたが、この番組のコメンテーターかキャスターか知らないが「森永卓郎」とか云う人物のコメントがふるっていた。「アメリカのイラク戦争に協力した政府の国民はこう云う目に遭うってことなんですかね・・」

まるで、テロ組織の「犯行声明かと思ちゃったよ!

反米とか反イラク戦争とかのレベルの話ではないだろうに。テロ犯罪に正当性を与えてどうするの?こんな事許してたららどんな犯罪も「政治的理由」で正当性を主張出来る事になるよ。物事ちゃんと整理して発言して欲しい。

評論家かジャーナリストか知らないが「こんな能天気なバカ」がいるから、こんなのに釣られて「そのうなのか」と思っちまう連中も居るんだろうな。文化人つらした森永卓郎みたいな奴等はテロリストや犯罪者の「培養基」みたいな役割をしてるって事自覚して欲しいよ。

本人は生活の為に「売文意見」を垂れ流ししてるんだろうけどさ・・

話は変わるが、マスコミがアルカイーダなどのテロ犯罪組織の犯行に対して「及び腰の意見」しか言えないのは報復が怖いって部分もあるのかな?アメリカをいくら避難しても「物理的報復」を受ける事はまず無いが、アルカイーダを批難したら「自爆攻撃」される可能性あるからな。
06:21:05 | sonson | No comments | TrackBacks