Archive for February 2006

26 February

前原民主党代表

今日は久々の休み、そして日曜日なので朝からずっとテレビを見ている。予想に違わず各局は民主党の偽メール事件を視聴率アップの切り札で特集している。

はっきり言って民主党はボロクソだね。テレビのレポーターや司会者の質問攻めに対応している前原代表は事態を本当に理解しているのか?と思える様な対応に終止している。相変わらず「メールが本物と云う証明は未だ出来ていないが、疑惑は本物と確信している・・」と云う様な事を喋っているが、こんな釈明で乗り切れると思っているのだろうか?大政党の党首にしては実に不思議なくらいに「幼い」対応振りに見える。

何故、国民の前で「偽造の仕掛け」に騙された事を説明し、関係者に謝罪しないのか?まずそこから始めていればこれほどまでにボロクソに叩かれる事もなかっただろうに。今となっては「疑惑はあると確信している」を繰り返す度にその不誠実度を増している事に気付かないのだろうか?恐らく「あの自民党だから、ましてホリエモンと昵懇だった武部幹事長の次男だから・・・」と云う3面記事的な意見が上がってくる事を期待して居るのだろうが、肝心の証拠が「偽造」では無理と云うものだ。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民主、一両日中にも謝罪・メール問題で鳩山幹事長
 
民主党の鳩山由紀夫幹事長は26日午前、ライブドアの送金指示メール問題で国会を混乱させたとして、メールの真偽に関する調査結果の公表前に、永田寿康衆院議員と党執行部が一両日中にも記者会見などを開いて謝罪する意向を示した。

 鳩山氏は都内で記者団に「一両日中くらいの間にまず彼(永田氏)自身が国民にしっかりと自分自身の声で(説明を)申し上げるべきだ。併せて執行部もその時に国会の混乱を招いたことに対しておわびをする必要がある」と強調した。

 メールの真偽に関する党の調査については「真実を調査することはこれからも続けていく必要がある。それによって責任を果たすことが大事だ」と述べた。

 鳩山氏はこれに先立つフジテレビ番組で、前原誠司代表ら執行部の責任問題に関し「素直にわび、世論を斟酌しながら、党としてどういう方向が望ましいのかを判断し、それぞれの身分に対して判断することになる」と述べ、メールの調査結果や世論の動向を踏まえて最終判断する方針を示した。〔共同〕 (10:28)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民主・前原代表が引責否定 「巨大な闇を徹底追及」

 民主党の前原誠司代表は25日午前、静岡市で講演し、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤自民党幹事長の二男に対する送金を指示したとするメール問題について「巨大な闇があるという印象は微動だにしない。野党第一党として徹底的に追及し、真相を究明していく責任は果たし続けたい」と述べ、自らの引責の可能性を否定した。

 その上で「さまざまな情報を検証する中で、説明責任を果たしていく。真相究明を代表として誓う」と強調した。

 発言は、党内から噴き出している「早期のけじめが必要だ」(ベテラン議員)などとの執行部引責論を打ち消す狙いがあるとみられる。

 国会質問した同党の永田寿康衆院議員の入院に関しては「鳩山由紀夫幹事長、野田佳彦国対委員長と相談して(病院に)入ってもらった」と執行部の判断だったことを明らかにし、「まともな判断能力が回復した段階でしっかり話をしようということだ。うやむやにするとか、病院に隠れるということでは全くない」と説明した。

 「指示メール」の真偽については「いまだに100パーセント確認できる立証責任を果たせていないことについては、率直に認めなければならない」と述べ、信ぴょう性の立証が難しいことをあらためて認めた。(共同)
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要は、素直に詫びたく無いって事だね。自らの失態を詫びるのに「世論の動向」や「世論の斟酌」が必要なのかね?時間稼ぎをしているのだろうが、時間稼ぎイコール「失態の拡大中」って事には気が付かないみたい。もうダメだね。
12:58:01 | sonson | No comments | TrackBacks

鳩山幹事長殿 

メール問題、永田議員謝罪で収拾の方向…民主執行部
ライブドア

 民主党執行部は25日、ライブドア前社長の堀江貴文被告の「送金指示メール」問題を取り上げた永田寿康衆院議員について、議員辞職はさせず、公式に謝罪させることで事態の収拾を図る方向で検討に入った。


 入院中の永田氏が今週中にも、体調の回復を前提に記者会見し、不確かなメールに基づく国会質問について公式に謝罪するとともに、説明責任を果たす案が浮上している。

 これに関連し、鳩山幹事長は同日、北海道伊達市内の会合であいさつし、「永田氏は元気な姿になり、謝るべきところはしっかり謝ってもらいたい」と述べた。また、「国会での発言を間違っただけで、議員辞職するのは早計だ」と記者団に強調した。

 ただ、党内の有力議員や地方組織からは執行部の対応に批判が強まっている。執行部は、世論の風向きを慎重に見極めつつ、収拾策を模索する構えだ。

(2006年2月26日0時41分 読売新聞)

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳩山さん!人ごとでは無くあなたにも責任有るのですよ!幹事長さん!

「世論の風向きを慎重に見極め」るより「自分の胸」に聞くのが先でしょう。(どうも、その胸には「誠実」と云うのは無さそうですが・・・・)

民主党ははっきり云って「屑政党」です。どうか「けじめ」をきっちり付けて立ち直って欲しい。自民・公明連合の意の侭では日本の道はおかしくなりますよ。但し、どっかのバカ政党みたいに責任放棄の「先祖返り」に遁走しない様に願います。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 民主党の鳩山由紀夫幹事長は26日午前のフジテレビ番組で、自民党国会議員のライブドア事件への関与を指摘した自らの発言について、調査を継続しているとしながら「まだ100パーセント裏が取れていないことに対して申し上げたことは軽率だったと思っている」と釈明した。
 調査に時間がかかっていることに関しては「投資事業組合の中を見ていくのは難しい。野党であるため、力不足、調査権限不足でできないことがあるが、正しい情報を早く伝えたい」と説明した。
 鳩山氏は1月下旬のテレビ番組で、自民党議員の事件への関与について「可能性がかなり濃い。投資事業組合を舞台に自民党の国会議員の影がちらほらしている」と指摘していた。
(共同通信) - 2月26日10時56分更新

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民主党はあちらもこちらも軽卒な方ばかりで・・・・

人間性の問題では無いですか?与党を追求する前に自らの人間性を猛省すべきです。それが出来ればこんな下らない「事件」ばかりは起こさないでしょうけど。

05:44:37 | sonson | No comments | TrackBacks

疑惑のメール 疑惑の民主党(2)

今回の偽メール騒動、悪意ある「贋作」である事が明確になったにも関わらず「いまだに100パーセント確認できる立証責任を果たせていないことについては、率直に認めなければならない」などと未だに「本物の可能性・立証の可能性」が有る様に「装って」逃げきろうとしているようだ。永田議員を雲隠れさせ、「病院に隠蔽」した時点で国民は左右に関係無く今回の「疑惑」は「贋作」であったと思っている。「まともな誠意を持った人間」ならあの黒塗りメールを見たら「怪しい」と思うのが普通だろう。(民主党はメールの真贋が問題になるなんて考えても見なかったのかもしれないね。3,000万振込・・の内容に「目が眩んで」しまって「功」を焦ったのだろうが、未熟かつ下劣なところを丸出ししてしまった。)

・X-Sender や X-Mailer を何故黒塗りにしなければならなかったか?
 
(この部分はメールが正にメールとして実際に機能して通信された事を証明する根幹部分であり、この部分が消された状態で民主党はこのメールのコピーを入手し、そのまま「発表」した時点で「まともな誠意を持った人間」では無くなっている。ネタ元に確認を求めて拒否されたのなら普通の人なら尚更このメールのコピーは犯しいと思う筈)

・To や From が何故黒塗りなのか?
 
 (肝心の発信人、受け取り人を特定出来ない、と云うより特定されたら「まずい」らしいが、そんなモノでだいたい「証拠能力」があるのかと思うのが「普通」だろう。ネタ元が「身の危険を感じて怯えている」からなんて「言い訳」で「逃げ切れ」が通用する筈が無い。)

・Subject: 至急 なんて書くか?
 
(メールを使って仕事をする人は書かないだろ?普段はメールなんてめったに使った事ない人がメールの文書を書いた場合、又はファックスやワープロ文書などで「怪文書」作りに実績のある人などは「至急」などと書きたく「なっちゃう」かもね=稚拙)

・本文中の「宮内の指示を仰いで」の前の部分は平沢議員が入手した「ブツ」によれば「問題あるようだったら」と書かれているが、この部分を何故民主党は消したのか?
 
(より送金の確実性を印象付ける為の「印象操作」の為と思われるが「最低」だね。これだけで民主党は「贋作」の共犯となるだろう)

・最後の「堀江」の前の黒塗り部分は平沢議員入手資料によれば「@」らしい。
 
(民主党がこの「@」の部分を消したのは、民主党も何か変?と思ったのかな?何だかセコい「操作」だね)

メールのコピーを「入手」だけでこれだけ「変」と思われるものを民主党がさらに「手を加えて」党を上げて疑惑追及ネタに使ったんだから、今回の贋作騒動は「ネタ元」と民主党と共同作業と断定しても良いだろう。

こんな事が許されるのか?

しかし、民主党はメールの贋作がバレると「問題は、メールの真偽ではなく、実際に二男の口座に入金があったかどうかだ」などと贋作を謝罪するでも無く「証拠は無いけど、お前は悪い事している筈だ」と強弁して自分の立場を「取り繕う」とする。
全然「取り繕い」になって無いですよ!更に墓穴を深く掘り進めていると云っていいでしょう。
国政調査権を要求して、それを「拒否」する自民党は「疑惑があるから」だと話をすり替えて「世論」の流れを変えたいとの「願い」なんでしょうけど、こんな事やっちゃいけないのではないですか?子供の教育に悪いです。それに「世論」はそんなバカでは有りません。民主党がいまだに持っていると強弁する「銀行口座」情報を公表すれば済む事です。禿鷹のようなマスコミがよってたかって「暴いて」くれますよ。
今、民主党が成すべき事は、

・永田議員だけでなく民主党の執行部全員が記者会見をして国民に対し、自民党と武部次男氏に対し潔く「謝罪」をする事。(そうでないと本当に問題が有っても民主党の所為で追求出来なくなります)

・贋作メールの入手経緯と何故この様な「しろうとが見ても変」なものが国会の委員会で堂々と疑惑追求に使われる事態に至ったのか「事実関係」をしっかり検証する事。

でも、「物事の筋を通す」よりも党内事情の方が「大事」な民主党さんはもうダメなのでは?何時も「風説の流布」で活躍されている鳩山幹事長って、この場に及んでも何の役にも立ちませんね。親のツラ汚しってこの人の為に有る言葉でしょうか。
民主党は解党した方が良いですね。選挙互助会的にくっ付いているだけの「様相」ですものね。


05:06:28 | sonson | No comments | TrackBacks

20 February

北京オリンピックは開催出来るのか?

中国:「氷点」発行停止 処分を非難、学者らが公開書簡 

【北京・飯田和郎】中国紙、中国青年報の付属紙「氷点週刊」が共産党中央宣伝部から停刊処分を受けたことについて、同紙に執筆経験のある北京大、清華大など国内の学者や知識人13人が17日、胡錦濤国家主席ら指導者にあてた公開書簡をインターネット上に公表し、「言論や報道の自由をはく奪した。断固反対する」と非難した。
 「氷点週刊」編集長を更迭された李大同氏を支援する内容で、学者らが党中央の決定に抗議の姿勢を明確に示すのは極めて異例。
毎日新聞 2006年2月18日 東京朝刊

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現体制の基で果たして北京オリンピックは開催出来るのか?だんだん怪しくなってきた雰囲気だな??Google,Yahoo が北京政府の言論検閲に協力している事は却って逆効果になるのではないかな?検閲協力を前提で中国に進出したGoogle 等の検閲システム自体は中国の社会システムに文化的インフラとして深く浸透して行き後戻りは出来ないだろう(米国政府が検閲問題にそれ程強く反応しないのも、まずシステムが定着して行く様態を優先し、その後に来る状況を予測しているからではないか)そしていずれ「検閲」のタガが外れた時(こういう人為的、強権的な行為は案外脆いものだし、経済発展につれて既に体制の綻びは目に見える形で進行している)に、堤の一穴で一挙に体制崩潰に繋がりかねない。

靖国問題や東シナ海のガス田問題での中共政府の「強圧的」な態度などもむしろ彼等の崩潰の予兆って事になるだろうね。




14:48:11 | sonson | No comments | TrackBacks

与野党間でやって欲しい論争



中川氏の財政再建策、与謝野経財相がテレビ番組で批判 

与謝野経済財政相は19日、フジテレビの報道番組「報道2001」に出演し、財政再建策の前提条件について「高めの経済成長率と低めの長期金利を想定すると、何もしなくても(財政難が)解決する。それは不誠実ではないか」と述べ、自民党の中川政調会長の主張を批判した。

 経済財政諮問会議が6月にまとめる歳出・歳入一体改革案を巡り、中川氏は年率4〜5%の高めの名目経済成長率と、低めの長期金利を前提とする考え方を主張している。
 これに対し与謝野氏は、名目成長率を長期金利が上回る手堅い前提を置く方針を掲げ、「家計の計画は堅実に作るべきだ」と反論した。また、与謝野氏は、歳出・歳入改革案に消費税などの増税案を盛り込む考えを改めて示した。
(2006年2月19日23時6分 読売新聞)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

政府与党内の論争の方が余程パワフル。民主党も政府与党に対して「身の有る論争」「政策争い」を仕掛けて欲しいもんだ。センセーショナリズムに基づく「自爆」や「悪魔の証明」の要求などのレベルの低い「仕掛け」ではなくてね。



09:06:48 | sonson | No comments | TrackBacks