Complete text -- "自分を何様だと思っているのか?"

08 May

自分を何様だと思っているのか?

JR西日本の記者会見で、とんでもない態度で取材?(にはなってないやろ!)に臨んだ「罵倒記者」の事が結構話題になっている。視聴者からの抗議も場面を放映したTV局などに届いているらしい。一部の新聞では「この問題」を取り上げて「自戒」を促してもいるが当然だろう。こんな記者がいたら、それこそ「報道の自壊」そのものだと思うけどな。こんなのを第一線に出してる新聞社(または通信社、TV?)はどこだろうね。基本的教育してるんだろうか?こんな記者はJRのオバーラン社員より悪質だよ・・・こう云う記者を雇ってる報道会社(機関なんて云うから思い上がる)の経営者も「取材姿勢・態度を通じて一般読者や視聴者にたいして報道に対する不信感を与えた」事を”記者会見”して謝罪すべきだと思うね。

しかし、JRも情けないよね。こういう危機的状況の時に経営陣はオロオロするばかりで Out of Controle な状態なのは。こんな時に「本当の力量」が分かっちゃうだろうね。自戒・・・
5月7日の産経WEBからの記事をメモ・・・

【社会部発】「罵倒だけ…恥ずかしい」 「客観報道」へ自戒
荒れるJR西会見場/取材陣にも厳しい目

 「遺族の前で泣いたようなふりをして、心の中でべろ出しとるんやろ」

 「あんたらみんなクビや」

 四日深夜、ボウリング大会が発覚した後のJR西日本幹部の会見。激しい言葉を次々と投げかけられ、この幹部はぐっと唇をかみ締め、目を伏せたまま微動だにしない状態が続いた。

 発言したのは、犠牲者の遺族ら事故に巻き込まれた関係者ではない。会見に出席した一部の記者がぶつけたものだ。

 こうした荒れた会見の様子をニュースやワイドショーで放送したテレビ局には、視聴者から「遺族の代表にでもなったつもりなのか」などとマスコミ批判も寄せられた。

 発生以来、連日開かれている会見は毎回のように混乱している。その原因の一つに、JR西側の対応のまずさがあることは確かだ。

 冒頭の会見にも伏線があった。四日夜、事故電車に乗り合わせた運転士二人が救助活動に参加せず出勤した不祥事についての会見が終わりかけたころ、ある記者がボウリング大会について質問した。JR西幹部は即座にボウリング大会の開催を認め、メモを手に説明を始めた。「なぜ、最初から言わない」。自ら公表しないJR西の隠蔽(いんぺい)体質に、マスコミ側の不信感と怒りが根強くある。

 ただ、会見の場で質問する記者の多くは社名を名乗ることもなく、時に怒声をあげてJR西側の回答をさえぎることも。このため、マスコミ側に寄せられた苦情には「罵倒(ばとう)だけの会見は恥ずかしい限り」「記者の会社名と名前を出すべきだ」といった意見も多かった。

 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは「感情的な言葉はあまりに聞き苦しい。自分もミスを犯すかもしれないということを忘れ、恫喝(どうかつ)的な姿勢になっている」。

 音好宏・上智大助教授(メディア論)も、説明責任を果たしていないJR西日本が社会的非難を受けるのは当然としたうえで、「歴史的事件の最前線にいる記者がつい冷静さを失うのは分かるが、記者の感情の高ぶりに任せた質問が逆に視聴者に違和感を覚えさせたのでは」と、記者側に自制を求める。

 放送批評懇談会の志賀信夫理事長は「一番大切なのはなぜ事故が起きたのかという点だが、現状ではJR西日本のダメぶりをボウリング大会などの不祥事から誇張して騒ぎ立てている印象だ。事故原因や、職員と車掌は何をすべきだったのかなど、事の本質を客観的に報じることが求められている」と話す。

 遺族や被害者の立場に立った報道は重要だ。しかし、客観性や冷静さを欠いた報道は、今回の事故の本質を見失わせる。そのことを肝に銘じながら、真実を追いかけていきたい。(JR脱線事故取材班)

01:44:03 | sonson | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック